任意整理で車のローンがある場合の手続き


住んでいる地域や個人の事情にとって車を手放すと生活できないという人はたくさんいます。たとえば家族に要介護者がいて車がないと通院すらままならないといった場合や、仕事に行くのにどうしても車が必要であるといったケースなどがあります。そういった人が任意整理するとどうなるのでしょうか。
車ローンがない場合はそのまま所持できます。任意整理では個人の資産までは調べられないからです。そのほかの貯金についても一切手を付けずに債務整理をすることができます。ローンが残っている場合は任意整理の対象から外すことによって持ち続けることができるでしょう。手続きのときに対象のローン会社を外すだけで大丈夫です。しかし、車ローンは継続して支払わなければいけません。ローンを支払っている最中は車はローン会社の所有物となっているため、支払えなくなったら引き上げられてしまうからです。もしもその支払いができないということになれば、任意整理の対象として車を手放すしか方法はありません。また、住宅ローンについても同様に対象から外すことが可能です。家族の生活に大きな影響を与えずに借金問題を解決することができます。家族に内緒の場合でも問題になりにくいです。
車を手放すと生活ができなくなる人は少なくないため、他の債権者も納得してくれることがほとんどです。任意整理をしたいけど車はどうしても手放したくない人は、残すことも可能ですので早めに弁護士に相談しましょう。
任意整理の方法|少しでも返済していきたいと考えている方はこちら

今すぐお金が必要な理由とは?
学資保険の必要性と英語教育について