総量規制対象外の金融会社の見分け方


多くの債務者を苦しめた総量規制という貸付制限はご存知でしょうか。これは貸金業者に対する規制で、年収の3分の1を超える貸付を制限した内容です。
例えば、年収400万円の人は約130万円までの融資しか受けられないことになるのですが、契約しているすべての貸金業者の利用限度額を合わせた時の規制になるので、年収が低い人にとっては借り入れがかなり制限されてしまうことになります。ただ、こうした規制がなかった時代は自分の返済能力を超える貸付を受ける多重債務者が増加し、返済ができないという問題も抱えていました。そこで総量規制を導入することで、統計では確実に多重債務者は減少傾向にあったのですが、借りたくても借りられないという別の問題も発生してしまいました。そこで対策です。
先述したように、総量規制は貸金業者に対する規制です。貸金業者とは消費者金融や信販会社などの金融会社になるので、銀行などの金融機関は総量規制と言われているものではない融資となっています。それを踏まえると、キャッシングやクレジットカードが総量規制対象となり、銀行カードローンや目的別ローンは総量規制対象外になるのです。そのため、総量規制対象外の貸付を受けるなら銀行を検討するといいでしょう。
ただ、貸付制限がないとはいえ、返済能力を超える貸付を受けるのはおすすめできません。収入と支出を考えて正しく利用し、毎月無理なく返していける範囲でお金を借りることを考えてみましょう。

今すぐお金が必要な理由とは?